折りたたみテーブルは収納に便利

【DIY】アウトドアでも使える折りたたみテーブルの作り方

DIY 折りたたみテーブルは収納に便利

どうも、たぽぽです。
DIYをやりながらDIYレシピやDIYの情報を発信しています。

家の中でも外でも使える『折りたたみテーブル』を作りました。
折りたたみテーブルは収納にも便利で使いたいときだけ、出して使えるので便利。

家ではもちろん、キャンプなどアウトドアでも活躍できる。
折りたたみテーブルの作り方を紹介します。
Name
折りたたみテーブルは持ち運びにも
便利。

1つは欲しいアイテム。
DIYで作ることは可能です。
・簡易テーブルが欲しい
・外で使うテーブルが欲しい
・折りたたみテーブルの作り方を知りたい

【DIY】折りたたみテーブルの作り方

折りたたみテーブルの寸法

 

DIY折りたたみテーブルのサイズは・・・
636mm×836mm×370mm

2つ折りにできるので折りたためば、半分の大きさになります。

折りたたみテーブルのいい所は
・使いたいときに出して使える。
・収納に便利
・持ち運びができる

コンパクトで使い勝手がいいので1つあると便利です。

作る手順としてはまず『天板から作り』~『脚作り』をしていきます。

 

【折りたたみテーブル】天板の作り方

 

折りたたみテーブルの天板の作り方

まずは天板をDIYしていきます。
今回はレンガ調の天板にしており、3色で色を塗っています。

2つに折りたためるように半分に分けて作っていきます。

① テーブル天板のレンガ調作り
② レンガ調天板の塗装
③ ベニヤ板に接着
④ テーブル天板の枠作り
⑤ テーブルの天板に枠取付

 

①折りたたみテーブルの天板作り

レンガ調 天板

カット寸法
・幅 90mm×厚さ 12mm
長さ
10mm⇒6枚
20mm⇒12枚
30mm⇒6枚
・幅 60mm×厚さ 12mm
長さ
10mm⇒1枚
20mm⇒2枚
30mm⇒1枚

折りたたみテーブルの天板をレンガ調にするため、上記のカット寸法で木材をカットしていきます。
このカットした木材を使ってレンガ調の天板にしていきます。

カットには丸ノコがあると便利です。
おすすめは『ハイコーキFC6MA3

≫1万円台で買えるおすすめ丸ノコ6選はこちら

 

②木材を塗装

テーブルの天板をヤスリ掛け

カットした木材を塗装していきます。
まずはヤスリ掛けをしていきましょう。

ヤスリ掛けには電動サンダーを使用しました。

電動サンダーは効率よく仕上げられるのでとても便利。
頻繁に使用できるので1つ持っていると楽になります。

≫おすすめ電動サンダー16選はこちら

 

水拭きしてからヤスリ掛け

折りたたみテーブルの作り方 水拭き

ヤスリ掛け前に水拭きすると塗装後も
毛羽立ちが抑えられて表面がきれいに
なります。
ヤスリ掛けあとも木くずがついているので水拭きするときれいになります。

 

ワトコオイルで折りたたみテーブルの天板を塗装

塗装にはワトコオイルを使用します。

今回は『ミディアムウォルナット』『エボニー』『マカボニー』を使用しました。

ウエスを使って塗ると簡単に塗れます。

スポンサーリンク



 

③レンガ調に貼り付け

折りたたみテーブルの天板作り

ベニヤ板 厚さ 9mm
400mm×600mm⇒2枚
2枚のベニヤ板にレンガ調に木工用ボンドで接着していきます。
テーブルの天板を折りたためるように2枚に分けて作ります。
色のバランスなどを考えて、接着していきましょう。

 

貼り付け配置

貼り付ける組み合わせはこんな感じです。
100mm+300mmと200mm+200mmの組み合わせで
交互に貼っていきます。

 

 

テーブルの天板を圧着

木工用ボンドが固まるまでクランプと端材で挟んで、
圧着させます。

固定するときは木材がズレないように
注意しましょう。

④テーブルの天板 枠作り

枠の寸法

角材 18mm
・436mm⇒4本
・636mm⇒2本(※天板の外側のみつける)

テーブルの天板寸法は400mm×600mmなのでこれに使用した角材の大きさ分を考慮してカットしていきます。
今回は18mmの角材を使用したので36mmプラスした長さでカットします。

 

斜めかっと

それぞれカットした木材の両端を45度でカットしていきます。
カットには『のこぎりガイド』を使うとしっかり45度で切ることができます。

100均のこぎりガイドは少し工夫するだけで高精度ののこぎりガイドになるのでDIYおすすめ。

しっかり90度の出ている角材を使用
しましょう。

≫『のこぎり』でまっすぐ切る方法と100円ガイドを精度よくする方法

 

 ⑤テーブルの天板に枠付け

折りたたみテーブルの天板かっと

まずは天板を裏返して、ベニヤ板からはみ出した部分をカットしましょう。

 

折りたたみテーブルの天板に枠を接着

塗装をした枠を折りたたみテーブルの天板に接着していきましょう。
両端はしっかり合わせましょう。

枠の塗装には
ターナーのミルクペイント』を使用しています。

 

天板枠をビス止め

接着剤+ビス止めもしていきます。

埋め木でビスを隠すと見た目がきれい。

 

折りたたみテーブルの天板の作り方

 

枠がつけば天板の完成です。
一番 注意したいのがレンガ調に接着したら、しっかり
クランプ圧着させてください。

剝がれる原因になります。

天板の枠はそれぞれコの字につけましょう。
内側には入りません。

スポンサーリンク



【折りたたみテーブル】脚の作り方

折りたたみテーブルの脚の作り方

続いて、折りたたみテーブルの脚をDIYしていきます。
脚は折りたためるように天板に収まる長さで作っていきます。

① 脚を収めるための枠を作り
② 枠に蝶番を取付
③ 枠を天板に取付
④ 折りたたみテーブルの脚作り
⑤ 折りたたみテーブルに脚を取付

 

①折りたたみテーブルの脚枠作り

折りたたみテーブルの脚枠寸法

木材 15mm×45mm
カット寸法
・400mm⇒4本
・570mm⇒4本
折りたたみテーブルの脚を収めるための枠を2つ作ります。
枠のサイズは400mm×600mmになるようにカットしていきます。

コーナークランプを使って枠作り

コーナークランプは便利

コーナークランプを使って固定することで非常にやりやすくなり、きれいに作ることができます。

コーナークランプは角を直角に固定
できるので枠作りにおすすめ。

 

ビス止め

角を合わせたら、ビス止めしていきます。
下穴をあけてビス止めしたら、埋め木もしていきます。

木割れを防ぐためにも下穴をあけときましょう。

② 蝶番を取付

線でマーキング

蝶番をつけるために彫り込んでいきます。
位置を決めたら線引いて、マーキング。

 

ノミで彫り込み

ノミで彫り込んでいきます。
まずはノミで切れ目を入れていきます。
ノミで1mm彫り込みます。

変なとこで裂けないようにしっかり
切れ目を入れておきましょう。

 

折りたたみテーブルの枠に蝶番をつける

塗装をしたら、蝶番をつけています。

③ テーブルの天板に枠を取付

折りたたみテーブルの天板に枠をつける

折りたたみテーブルの天板に枠を合わせて
接着剤+ビス止めでつけていきます。

ベニヤ板からズレないように注意しましょう。

 

折りたたみテーブルの天板にビス止めしていく

木工用ボンドで接着したら、クランプでズレないように固定をしてビス止めしていきます。

ビスが天板を貫通しないようにビスの
長さに注意しましょう。

④ 折りたたみテーブルの脚作り

折りたたみテーブルの脚の作り方

木材 30mm×40mm
カット寸法
360mm⇒4本

続いて、折りたたみテーブルの脚を作っていきます。
脚を収める枠の内径は368mmあるので折りたたみ
テーブルの脚は360mmの長さで作ります。

 

折りたたみテーブルの脚作り

折りたたみテーブルの脚を丸くしていきます。
木材(40mmの面)の端から25mmの所からコンパスで
円を描きます。

余分な部分はノコギリでカットしていき、仕上げは電動サンダーで丸くしていきます。
両端を4本やっていきましょう。

 

折りたたみテーブルの脚穴あけ

続いて、コンパスで描いた円の中心に穴をあけていきます。

この穴にボルトを差してテーブルに脚を
つけます。
ドリルガイドを使うと精度よく穴が
あきます。

 

折りたたみテーブルの脚を繋ぐ

穴をあけたら、2本の脚を繋いでいきます。
折りたたみテーブルのに脚を収めると脚の間隔距離は510mmなので508mmの角材で繋いでいきます。

ビス止めしたら、埋め木でビス隠し

⑤折りたたみテーブルに脚を取付

脚の付け方

脚を塗装したら、折りたたみテーブルに脚をつけていきます。
まずは脚をつけるための穴をあけていきます。

いよいよ、最終工程。
もう少しで折りたたみテーブルの完成になります。

 

折りたたみテーブルの脚をつけるDIY

回転できるようにそれぞれ隙間をあけておきましょう。

脚をつける位置でクランプを使って固定して、枠に穴をあける印をつけておきましょう。
電動ドリルが入らなかったのでピンバイスを使って、穴を貫通させました。

枠の幅45mm、足の幅40mmなので5mm隙間ができます。

 

折りたたみテーブルの脚をつけていく

貫通した穴を外側から広げていきます。
今回は8mmのボルトを使用するので8mmまで穴を広げていきます。
穴にボルトを差したら、脚をつけてナットで止めていきます。

ナットは締めすぎると脚が動かなくなるので注意。
ゆるみ止めのナットを使うと外れないのでおすすめ。
ナットやボルトを締めるのに頭が180°
回転する『フルターンラチェット』が便利。

 

折りたたみテーブルの脚の作り方

脚をつけたら回転するか確認しましょう。

動きが悪ければ、ナットを調整してください。
脚が天板にあたるようなら、脚を削って調整しましょう。

 

折りたたみテーブルの完成

留め具つければ折りたたみテーブルの完成

最後に留め具をつけて完成です。
セリアで買った留め具を使用しました。

お好みで持ち手などを付けてもいいと思います。

 

折りたたみテーブルは自立する 折りたたみテーブルは収納に便利

折りたためば自立するので収納もしやすく、使い勝手のいいテーブルです。

一番 注意する所は足の長さを揃えることと、取付位置を合わせることです。
ガタガタにならないように注意しましょう。

折りたたみテーブルはキャンプやBBQなど、様々な場面で使えます。
自分好みの折りたたみテーブルをDIYで作ってみると楽しくなるかもしれません。
ぜひ挑戦してみてください。

関連記事

どうも、たぽぽです。DIYが好きで、自身のDIYやDIYの情報を発信しています。BBQには折りたたみテーブルがあると便利。折りたたみテーブルなら持ち運びできて、使わないときは折りたたんで置けば、収納して置ける。そんな折り[…]

BBQ折りたたみテーブルDIY

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

折りたたみテーブルは収納に便利
最新情報をチェックしよう!