『のこぎり』でまっすぐ切る方法と100円ガイドを精度よくする方法

『のこぎり』でまっすぐ切る方法と100円ガイドを精度よくする方法

どうも、たぽぽです。
自身で作ったDIYレシピやDIY情報を発信しています。

DIYで必須のアイテム『のこぎり』
DIYをやる人は、ほぼ持っているのではないでしょうか?

のこぎりでまっすぐ切れていますか?
DIYでまっすぐ切ることは必須の技術。

まっすぐ切るには技術が入ります。
たくさん切って、精度を上げましょう。
『100円のこぎりガイド』もちょっと
工夫すれば、高精度なガイドにする
ことができます。
・のこぎりでまっすぐ切りたい人
・高精度な『のこぎりガイド』が欲しい人
・木材をまっすぐ切りたい人

スポンサーリンク



 

『のこぎり』でまっすぐ切る方法

『のこぎり』で木材をカットしても切り口が曲がって
しまうと寸法が狂ったり、使い物にならなくなってしまいます。

のこぎりでまっすぐ切る技術はDIYでは必須の技術。

結論として『のこぎり』で簡単で正確にまっすぐ切りたいのであれば、『のこぎりガイド』を使いましょう。

どんなに頑張って切っても『のこぎりガイド』を使って切った方が断然に精度、効率がいいです。
しかし、治具を使わずにまっすぐ切るのは可能です。

今回は
・治具を使わずに『のこぎり』で
まっすぐ切る方法

・『100均のこぎりガイド』で
まっすぐ切る方法

この2つを紹介します。

 

のこぎり治具なしでまっすぐ切る方法

のこぎりで切る方法①

まずは切りたい所に線を引いていきます。
治具を使わずにまっすぐ切るには両側面にも線を引くこと。

縦と横をまっすぐ切るために3面に線を引きます。

 

クランプでしっかり固定

まっすぐ切るのには木材をしっかり固定しましょう。
クランプを使用して切っている時は動かないように
固定しましょう。

まっすぐ切るならクランプは必須。
しっかり固定することが大事!!

まっすぐ切る手順は3ステップ

のこぎりでまっすぐ切る方法②

線を引いたら、のこぎりで切っていきます。
切る方はいきなり切らず、まずは刃が入る所に印をつけます。

角に軽く、キズを付けるような感覚で
印をつけます。

刃はあまり立てずに少し寝かせて、
切りましょう。

 

のこぎりでまっすぐ切る方法②

『のこぎり』でまっすぐ切る手順は3ステップ。
手順①
まずは前側から切っていきます。
木材の前側から2/3くらいまで切っていきます。

前側の角から刃を入れていき、側面と上面に引いた線を意識して切っていきます。
注意するのは刃が線からズレないように刃を入れること。
刃がまっすぐ入れば、まっすぐ切ることができます。

切っていくほど、切り口が刃のガイドになります。
まっすぐ切り口ができれば、まっすぐ切れます。

 

上面をまっすぐ切る

のこぎりでまっすぐ切る方法④

手順②
前側から2/3くらい切れたら、刃を寝かせて上面の線を切っていきます。
上面の線に沿って、後ろ側まで切り込みを入れていきます。

完全に切らず、切り込みをを入れる程度で。

 

 後ろ側を切って、切り離す

のこぎりでまっすぐ切る方法⑤

手順③
最後に刃を後ろ側に傾けて、上面の線と後ろ側に引いた線を意識して切っていきます。

今までの作業でまっすぐ切ることができていれば、ここは自然にまっすぐ切ることができます。

後ろ側の線を切って、切り離せば完了。

① 前側と上
② 上
③ 後ろと上
の順番で切りました。

 

切り口を測ると・・・

切り口は・・・

2方向から見てみましたが、ほぼ直角に切れています。
『のこぎり』だけで、まっすぐ切ることは可能です。
回数を重ねていけば、慣れていきます。
切り方を知っているだけで、精度は良くなります。

 

スポンサーリンク



100円のこぎりガイドでまっすぐ切る方法

100円治具で切る方法

これは100均に売っている『のこぎりガイド』
黒い部分を手で押さえて、グレーの部分に『のこぎり』を当てて切ります。
グレーの部分には磁石が付いている為、『のこぎり』がガイドに沿って切れるという商品。

 

『100均のこぎりガイド』は精度がイマイチ

100円のこぎりガイドはまっすぐ切れない

ガイドを手で押さえて横から見ると傾いています。
どんなに頑張ってもまっすぐ切ることは難しいでしょう。

どんなに安くても精度の出ていない
ガイドは使い物になりません。

 

『100均のこぎりガイド』で切ると

『100均のこぎりガイド』で切ると

使い方は黒い部分を手で押さえて、のこぎりガイドガイドを固定して切ります。
100均のこぎりガイドは角度を変えて切ることも可能。
使い勝手いいので精度が良ければ、かなり優秀なのこぎりガイドでした・・・。

 

切り口を見ると①

切り口を見てみると、上から見たときはまっすぐ切れていますが、横から見ると曲がっています。
この切り口で何かをDIYすると寸法が狂ったり、歪になったりする原因になります。

やはりこのままでは、のこぎりガイドとしては使えません。

DIYで切り口が曲がっている木材を使うと苦労します。

 

100均のこぎりガイドを精度よくする方法

のこぎりガイドを精度良くする

100均『のこぎりガイド』は黒い方のパーツを外して、角材を貼り付けるだけで精度が格段に良くなります。

使う角材はしっかり90°が出ているものを使いましょう。
平らな所に置いて底面がズレないように接着剤で貼り付けましょう。

 

 

のこぎりガイドを精度良くする方法

裏に角材を貼り付けるだけでしっかり90°がでます。
これだけで高精度のガイドにすることができます。

角材を貼り付けるだけで高精度な
『のこぎりガイド』が作れます。

 

のこぎりガイドで切る方法

接着剤や両面テープでしっかり接着させましょう。
角材とのこぎりガイドがズレないようにしっかり合わせて接着します。

 

高精度100均のこぎりガイドの使い方

高精度ノコギリガイドの使い方

使い方
① カットする墨線に『のこぎりガイド』を置いて、スコヤを当てて直角を出します。
② クランプで固定してズレないようにする。

ポイントはスコヤでしっかりまっすぐにすること。
のこぎりガイドが曲がった状態だと、いくら高精度でも意味はありません。
まずは、のこぎりガイドをまっすぐ置くことが大切です。
まっすぐ置くことができたら、クランプでしっかり固定しましょう。

のこぎりの刃が墨線の上に来るように合わせましょう。

のこぎりガイドは簡単にまっすぐ切れる

のこぎりガイドの精度を良くすると

切り口は上から見たときも横から見たときも『まっすぐ』切れています。
簡単かつ高精度で切れる『のこぎりガイド』になっています。
この『のこぎりガイド』を使えば、簡単にまっすぐ切ることができます。

100円でこれだけ切れれば、
コスパはいい。

 

45°も切れる

45°で固定して切れば、斜めもまっすぐ切ることが可能。
1つ持っていれば、のこぎりで切るときにかなり便利になります。

のこぎりガイドを使う方が確実に切ることが
できます。

 

やっぱり高精度は丸ノコ

DIYモデル FC6MA3

丸ノコを使いこなす必要がありますが『のこぎり』より確実に効率よく切るなら、やはり丸ノコを使いましょう。

丸ノコなら手振れすることもなく、まっすぐ押せば自動的にまっすぐ切ることができます。
使える環境があるのなら、やはりメインで使うのは丸ノコにすることをおすすめします。

もちろん丸ノコの精度次第ですが、
丸ノコの使用をおすすめします。

おすすめ丸ノコの記事はこちら

関連記事

どうも、たぽぽです。DIYが好きで日々、DIYをやっております。このブログでは自身のDIYやDIYに関する情報を発信しています。今回は『丸ノコ』についてまとめました。木材のカットに便利な工具の丸ノコですが、値段もさま[…]

DIYにおすすめの丸ノコ

 

まとめ

道具も工夫次第で役に立つものになることもあります。
精度を求めるなら、道具をうまく活用しましょう。

精度よく切れれば、つくる作品の完成度も上がります。
精度はとても大切。
道具を活用して効率よく、完成度を上げていきましょう。

完成度が上がれば、DIYがより楽しくなります。

スポンサーリンク



『のこぎり』でまっすぐ切る方法と100円ガイドを精度よくする方法
最新情報をチェックしよう!