埋木錐を使えば、綺麗なビス隠しができる

【DIY】埋木錐を使えば、綺麗にビス隠しできる!!

どうも、たぽぽです。
日々、DIYに挑戦して様々な物作りをしています。
このブログではDIYレシピやDIYで役に立つ情報を発信しています。

DIY初心者から脱出する第1歩は『ビス隠し』
ビスが丸見えな作品は素人感がでて、見た目がイマイチ・・・。
ビスを見せずに作ることで見た目が綺麗で作品の完成度上がります。
脱DIY初心者の第1歩です。

『埋木』はビスを隠す技術の1つで、ビスの頭を木材で隠す方法です。
そんな埋木をする時、役に立つのが『埋木錐うめききり
これはとても優秀な道具!!
埋木錐を使えば、綺麗にビスを隠せます。

ビスが丸見えだと気になりますよね?
丸見えなビスは綺麗に隠しましょう!!

スポンサーリンク



 

埋木錐で綺麗にビス隠し

埋木錐で綺麗にビス隠し

埋木錐うめききりを使えば、端材などから埋木を作ることが可能。
DIYで作っている作品と同じ木材で埋木することで、
自然で綺麗にビスを隠すことができます。

ビスを綺麗に隠すことでDIY作品が断然良くなります!!

埋木を比較

埋木を比較

比較すると一目瞭然!!
丸棒と比べると違いがわかります。
埋木錐を使って、同じ木材から作った埋木でビス隠しをすることで、どこにビス打ちをしたか分からないレベルで隠すことが可能です。

埋木錐の使い方

埋木錐の使い方

埋木錐の使い方はシンプル。
電動ドライバーに埋木錐をつけて、掘っていくだけ。
あとはマイナスドライバーなどで根元から折れば、埋木を取り出せます。

インパクトドライバーでなく、
ドリルドライバーを使いましょう。
打撃があるインパクトドライバーでは
うまく作れない場合があります。

 

埋木錐はコツがいる

埋木錐はコツがいる

埋木錐で埋木を作るにはコツが入ります。
上手く作らないと粉々に砕けて、ただの穴になってしまいます・・・。
とくに杉などの柔らかい木は作るのが難しいです。

簡単に作れると思いきや難しいのか・・・。
いや、諦めちゃダメです。
コツを掴めば、簡単に作れます!!

 

埋木錐を上手く使うコツとは

真っ直ぐ掘る

・埋木錐を上手く使うコツ①
1つ目は真っ直ぐ掘ること。

曲がっていると掘っている最中に粉々になります。
まずは掘る前に埋木錐が真っ直ぐになっているか確認。

 

押さえつけすぎは禁物

・埋木錐を上手く使うコツ②
2つ目は押し付けないで高回転で回すこと。

少し掘って跡が付いたら、押し付けずに高回転で徐々に掘っていきましょう。
押し付けて掘っていくと、掘り切る前に砕けてしまうので上手くいきません。
回転の力だけで掘っていくようなイメージです。

分かってしまえば、楽に作れます。
1度上手くいけば、あとは簡単。

 

木埋めのやり方

木埋めのやり方

埋木のやり方は・・・
① 埋木と同じ径の穴をあけて、ボンドを入れる。
② 埋木をハンマーで叩いていれる。
③ のこぎりでカット。

のこぎりで切るときは『アサリ』無しの片刃を使いましょう。
のこぎりを寝かせて、ギリギリを切ります。

切り終わったら、軽くヤスリ掛けで綺麗になります。

埋木切りには『Z ライフソークラフト』がおすすめ。
コンパクトで刃が薄いので、切りやすい。
1つ持っていると便利です。

切るときは刃を立てるとキズが付くので注意!!
『Z ライフソークラフト』を使えば、
キズも付きにくい。

埋木錐のメリット、デメリット

埋木錐で自然なビス隠し

埋木錐のメリット
同じ木材の埋木を作れる
ビス隠しをしたい木材と同じ木で埋木を作れるため、
自然なビス隠しができます。
色を塗っても違和感なく馴染むので見た目は断然いい。

埋木錐のデメリット
おが屑がいっぱい出る
埋木を作る時におが屑がたくさん出ます。
けっこう散らかるので、場所は考える必要があります。
手間がかかる
やはり、作ってから埋木をするので時間はかかります。
製作時間を考えると本当に目立つ所だけ、使う方がいいでしょう。

メリット、デメリットそれぞれありますが、1つは
持っていても絶対に損はしない道具です。
埋木錐があるば、どうしても隠したい所を綺麗に
隠すことができます。
DIYを続けていれば、必ず使いたい時が来るはず!!

ぜひ1つ用意しておきましょう。

 

スポンサーリンク



埋木錐を使えば、綺麗なビス隠しができる
最新情報をチェックしよう!