丸ノコレビュー

【丸ノコレビュー】ハイコーキFC6MA3はDIYの味方

どうも、たぽぽです。

DIYで生活を楽しくすることを目的に自身のDIYやDIYに関する情報を発信しています。
このブログサイトはDIY初心者向け、DIYをやろうと思っている人向けになっています。

今回は『ネットで評判になってた丸ノコを使ってみましたのでレビュー記事を書きました。』

HI KOKI(ハイコーキ)の丸ノコ
FC6MA3を使ってみたよ!!
ネットでよく見ますね!!
1万円で買える丸ノコの性能は?

スポンサーリンク



 

【丸ノコレビュー】ハイコーキFC6MA3はDIYの味方

丸ノコで大切なことは直角でまっすぐに切れること。
丸ノコのDIYモデルは安いものになると5000円くらいから買えるものもあり、安価で手に入ります。

しかし、ものによっては精度が良くなかったり、精度を出すのが難しかったりします。
精度が良くないとまっすぐに切っても曲がってしまったり、直角に切れなかったりします。

丸ノコは精度が大切。
安価で買っても精度が悪いと思った通りに作れないよ。

 

しかし、精度が良くても高くちゃ買えん!!

DIY用丸ノコ 『FC6MA3』

DIYモデル FC6MA3

こちらがHI KOKI(ハイコーキ) FC6MA3になります。

ベースプレート高鋼性アルミベース重さ3.2kg
ノコ刃165mmコードの長さ5m
切り込み深さ90°0~57mm切り込み調整ワンタッチレバー
切り込み深さ45°0~38mm集塵機能あり(アダプター別売り)
回転数5500min-1付属品ソーガイド、スパナ、チップソー

値段は大体1万円くらいです。
丸ノコの中では比較的に安価な方でお手頃な値段になってます。
『まさにDIYをやる人の味方』

エントリーモデルとしてネットでおすすめされています。
おすすめされている理由は
・値段が手頃なこと
・精度の良いこと
・精度を微調整できることです。

1万円で買えて、精度がよければ手に入れやすい!!
結論から言って大満足です。

丸ノコFC6MA3の良い所

ワンタッチレバー

ワンタッチレバーで調整できる

ベースプレートがアルミで調整はワンタッチレバー

HI KOKI(ハイコーキ) FC6MA3はアルミのベースプレートなので歪まず、頑丈で長く使っていても曲がりにくいです。
また、滑りがいいので切るときはスムーズに切れます。

ベースプレートの深さ調整はワンタッチレバー式で簡単に調整できるので便利です。

ベースプレートがアルミなので丈夫で
滑りがいいですよ!!

深さ調整は使用頻度が多いので、
ワンタッチレバーは調整がしやすいです。

 

イモネジ

イモネジ調整ができる

ベースプレートの90度を調整するのにイモネジを回してより精密に調整することができます。

90度がしっかり出せると切り口がきれいに直角で切れるよ。

 

集塵アダプターが付けられる

集塵アダプターも付けられる

別売りですが、集塵アダプターも付けられます。
集塵機につなげることできれいに作業ができます。

丸ノコは木くずがいっぱい出るので集塵アダプターを付けられるタイプを選ぶといいよ!!

丸ノコ買ったらここを見ろ!!

買ったらチェック

丸ノコを購入したら、刃の軸ブレを確認しましょう。

丸ノコを逆さまにして軽く丸ノコを回して、刃が左右にブレてないか確認します。
ここで刃がブレていると、どうにもならないので返品した方がいいです。

また、刃の前後でベースプレートの長さを測定してみましょう。
長さが違うと刃が曲がっている可能性があります。

まれに軸ブレしているみたい・・・。
刃の軸がブレていると絶対にまっすぐ切れないので、絶対にチェックしよう。

直角を確認

ベースプレートの調整していきましょう。

FC6MA3はベースプレートにイモネジが付いており、イモネジを調整することでベースプレートの角度を微調整ができます。
刃とベースプレートが直角になっているか確認をしてみましょう。
購入状態でほぼ直角は出ていると思います。
気になる場合はイモネジで調整していきましょう。

調整したら試し切りをして、確認してみましょう。

 

イモネジ調整で直角を出していく

イモネジで調整していくときは、どのくらい回したか覚えておきましょう。

ベースプレートを90度にして、イモネジで微調整してください。
適当に回してしまうとわからなくなるので、どのくらい回したか覚えておきましょう。

 

丸ノコ買ったら試し切り

試し切り

調整したら木材を試し切りしていきます。

丸ノコ定規を使うとまっすぐ切れます。
買うのもいいですが、自作するのもおすすめ。

丸ノコ直線ガイドの作り方はこちら

関連記事

どうも、たぽぽです。このブログサイトではDIYで生活をより楽しく、快適にするために自身のDIYやDIYに関する情報を発信しています。今回は『自作できる、丸ノコ直線ガイドの作り方を紹介します。』丸ノコを使って、フリーハンド[…]

丸ノコ直線ガイド

 

切り口をチェック

切ったら切り口をチェックしてみましょう。
直角がでていれば、OKです。

しっかり直角に切れてます!!

 

キレイに切れてます

断面を見てみるときれいに切れているのがわかります。

HI KOKI(ハイコーキ) FC6MA3は付属している刃でもきれいに切れます。

付属の刃でもきれいに切れています。
刃は変えなくても十分に使えますね。

 

まっすぐ切れてます

別の木材を切ってもまっすぐ切れてます。
このくらい切れれば、DIYをやるのにはバッチリです。

直線もしっかりとまっすぐ切れてますね

FC6MA3の残念な所

ソーガイド

・ソーガイドが短い
 ソーガイドが約225mmくらいで使うには少し短いなと感じました。

ちょっと短いので使う機会があまりないかな。
長いソーガイドは売っていますので、必要な長さを用意しておくといいかも!!

 

 

集塵アダプターも付けられる

・集塵アダプターが別売り
 集塵アダプターは別売りなので付いてません。
せっかく集塵機を使える設計なので付属で付いていればすごくよかった。

集塵アダプターをネットで買う場合、通販サイトで値段に差があるので良く調べた方がいいよ。
スポンサーリンク



 

FC6MA3は集塵力が優秀

集塵アダプター

ハイコーキFC6MA3の集塵アダプターを付けてみました。
FC6MA3は集塵機能も優秀です。

 

集塵機なし

集塵機につなげずに使用してみました。

 

おが屑

集塵機がなくとも木くずが十分に取れていました。
集塵の性能は十分にあり、集塵アダプターを付けるのはおすすめです。

 

まとめ:いい丸ノコを買ったら、あとは腕次第

HI KOKI(ハイコーキ) FC6MA3はDIYをやる人にとって、素晴らしい丸ノコです。

精度がよく、価格が約1万円なので比較的に手に取りやすく、DIYで使うのにおすすめできます。
しかし、中には不良品もあるようなので買ったら、必ず刃の軸ブレを確認しましょう。

いい丸ノコを手に入れたら、あとは腕を磨きましょう。
丸ノコが良くても腕が悪ければ、精度よく切れません。
いっぱい切って、使いこなせるようになりましょう。

丸ノコを使いこなせるようになってこそ、精度よく切れるわけです。
木材を切りまくって、腕も磨きましょう。

 

合わせてこちらの記事も

関連記事

どうも、たぽぽです。DIYが好きで日々、DIYをやっております。このブログでは自身のDIYやDIYに関する情報を発信しています。今回は『丸ノコ』についてまとめました。木材のカットに便利な工具の丸ノコですが、値段もさま[…]

DIYにおすすめの丸ノコ

 

丸ノコレビュー
最新情報をチェックしよう!