作業用ライトで間接照明DIY

【DIY】作業用ライトで雰囲気ある間接照明を作る

DIY 作業用ライトで間接照明DIY

どうも、たぽぽです。
DIYで生活を楽しむことを目的にブログを通じて、情報発信をしています。

照明は部屋のインテリアには欠かせないアイテム。
とくに間接照明は立体的な雰囲気を作ってくれるので、インテリア作りにはとても効果的。
そんな間接照明はDIYで簡単に作ることができます。

作業用ライトは安くてDIYにはピッタリ!!
間接照明DIYを詳しく解説します。

スポンサーリンク



【間接照明DIY】インダストリアルなライトの作り方

間接照明DIY

材料
・作業用ライト
・塩ビパイプ
・サドルバンド

『間接照明』とはライトの光が床や壁、天井、物などを照らして、その反射で空間を明るくする照明のこと。
部屋に影を作り、立体的な空間を演出してくれます。

塩ビパイプと作業用ライトを使って、間接照明をDIYしました。
作業用ライトの無骨なシェードと塩ビパイプがインダストリアルな感じを出してくれます。

DIYした壁は『ラブリコ』などを使ったウッドウォール。
ウッドウォールの壁は手軽にできるDIYです。
ラブリコを使えば、壁を傷つけずにDIYできます。

もちろん壁に直接、ウッドウォールをDIYしてもいい感じになります。

手軽に模様替えができるウッドウォールはおすすめのDIY。
関連記事

どうも、たぽぽです。日々、DIYをやっている2児のパパです。このブログではDIYレシピやDIY情報を発信しています。壁は部屋の印象に強く関係する要素の1つです。壁の色が変われば、部屋の雰囲気は一気に変わります。壁面を[…]

ウッドウォールをDIY

 

【間接照明DIY】ライトは分解して塗装

作業用ライトはコスパ○

作業用ライトはコンセント式でコードが長いため、どこからでも電源を取ることができます。
値段は1000円程度で買えるのでコスパがいい!!
DIYで使うにはおすすめのアイテムです。

作業用ライトを分解

まずは分解しましょう。
ライトの頭にあるキャップを外すと、コードの接続部が出てくるので外すことが可能。

他の部品もネジを外せば、簡単に外すことができます。

外した配線はどちらにつながっていたか分かるように印をつけておきましょう。

ライトのシェードはツヤなしブラック

ランプシェードはツヤなしブラック

ランプシェードはツヤなしブラックで塗りました。
ツヤなしブラックはインダストリアルなイメージに相性がピッタリ!!
ツヤのない色が無骨な雰囲気を出し、工業的なイメージよく合います。

ツヤがないため、塗りムラにもならず簡単に塗ることができます。

下地はマルチプライマー

下地はマルチプライマー

ライトのシェードには、下地にマルチプライマーを使いましょう。
マルチプライマーを使うことで研磨しなくても塗料が着きが良くなります。

便利な塗料なので、1つあるとDIYが楽にできます。

塗った後はベタベタするのであまり触らないように注意しよう。

スポンサーリンク



 

【間接照明DIY】ライトのコード隠しは塩ビパイプ

コードは塩ビパイプで隠す

作業用ライトのコードは塩ビパイプの中を通して、隠します。
事前に引き回し方を考えて、カットしていきましょう。

あえて複雑に引き回すと配管みたいで雰囲気が出ます。

 

のこぎりで簡単に切れる

塩ビパイプはのこぎりで簡単にカットできます。
サイズを決めたら、のこぎりでカット。

丸くて切りずらいので、クランプなどで固定して切りましょう。

 

ジョイントを考慮してカット

ジョイントを考慮

塩ビパイプをカットするときはジョイントを考慮する事。
ジョイントをつけると寸法が伸びます。
寸法を決めたら、ジョイント分の寸法を差し引いて塩ビパイプをカットしましょう。

ジョイントにパイプが差し込まれる分も考慮しましょう。
どの位、差し込まれるか測っておくといいかも。

 

塩ビパイプはエイジング

塩ビパイプをエイジング塗装

塩ビパイプは『アイアンペイント』で塗装。
古びた水道管みたいにするならエイジング塗装をしましょう。

アイアンペイントは塗るだけ鉄っぽい雰囲気がでる塗料です。
ブラウン系で塗れば、古びた水道管を再現できます。

塗るときはスポンジを使って塗るのがおすすめ。
スポンジで塗ることで質感がリアルに再現できます。

関連記事

どうも、たぽぽです。DIYが大好きで、日々 DIYをやりながら自身のDIYやDIYの情報を発信しています。今回は『簡単に塩ビパイプをアイアン風に塗装、サビつけ方法』を紹介します。ブルックリンスタイルのようなイメージの部屋[…]

アイアン風の塗装

 

タカラ塗料ならリアルな錆

タカラ塗料で錆エイジング 錆を再現するなら『タカラ塗料のエイジング塗装』もおすすめ。
2色を使って、錆をリアルに再現できます。
もちろん、塩ビパイプ以外にも使用できるのでアンティーク風にDIYしたいなら1セットあると便利。

関連記事

どうも、たぽぽです。このブログではDIYレシピやDIYに関する情報を発信しています。エイジング塗装とは新しい物をわざと古ぼけた様に塗装すること。錆などを塗料で再現してアンティーク風にする技術。錆エイジングで1番難しいのが[…]

リアルなエイジング塗装

 

【間接照明DIY】壁にライトを設置

塩ビパイプにコードを通す

壁に設置する前に作業用ライトのコードを通しましょう。
壁に付けてからコードを通すと大変です。
(通らない場合があります・・・)
コードを通しながらパイプを組み立てるといいでしょう。

塩ビパイプを複雑に組むほど、コードを通しづらくなるので必ず事前に通す事。

 

ウッドウォールに設置

コードを通したら、壁に設置しましょう。
設置前に位置を合わせて、固定する場所や穴をあける所を確認しましょう。

取り付けた後に『パイプが曲がってる!!』『ズレてる!!』なんて事にならないように取付位置はしっかり確認しておきましょう。

 

穴をあけて、コードを裏に通す

ウッドウォールの裏からコードを通してコンセントに差し込めるように穴をあけます。
塩ビパイプを合わせて、印をつけて位置を確認しましょう。

ウッドウォールに穴をあけて、塩ビパイプを差し込むことで一体感がでるので不自然さが出ません。
穴あけにはホールソーを使いましょう。

 

バンドで固定

塩ビパイプはサドルバンドで固定しました。
直接、壁に取り付ける人も『ラブリコ』などで柱を建てて、DIYする人も裏に柱がある所にサドルバンドを取り付けましょう。

裏に柱が無いとビスが利かず、塩ビパイプが落下する恐れがあるので注意しましょう。

インダストリアルな間接照明には電球色

インダストリアルな間接照明

最後に分解したライト部分を戻せば、完成です。
電球は暖色系の電球色がおすすめ。
温かみがありインダストリアルな雰囲気と相性がいい。

LEDのエジソンランプなら省エネのもなり、おすすめ。
エジソンランプとはトーマス・エジソンからなずけられた電球でレトロ感のある形でフィラメントが見えるのが特徴。
温かみのある電球色で古風な形が雰囲気があります。

間接照明はDIYで好きなスタイルで作ることが可能。
インダストリアルな間接照明をDIYしてオリジナル空間を作ってみては?

スポンサーリンク



 

作業用ライトで間接照明DIY
最新情報をチェックしよう!