衣装ケースをリメイクDIY

【DIY】簡単に衣装ケースをリメイク!!ホコリ対策にもなる!!

どうも、たぽぽです。(@DIY1573024)
DIY歴5年の日々、DIYに挑戦しています。
このブログではDIYに特化した情報やDIYレシピを発信しています。

今回は『衣装ケースをDIYでリメイク』する方法紹介。
衣装ケースって正直、ダサい!!
使い勝手はいいですけど、見た目は単色でデザイン性もなくイマイチと思ってませんか?
クローゼットに置くなら構わないけど、見える所に置くのはちょっと躊躇します・・・。

そんな衣装ケースはDIYで簡単にリメイクが可能。

簡単にできるのでDIY初心者にもおすすめです。
収納棚が欲しいけど、作る自信がない人にもおすすめ。
家にある衣装ケースをおしゃれにリメイクしてみませんか?

簡単におしゃれにできるので、DIY初心者にもおすすめ。

スポンサーリンク



 

【DIY】簡単!!ダサい衣装ケースをリメイク

衣装ケースはダサい

今回は2つの衣装ケースをリメイクしました。
市販の衣装ケースって軽くて、組み立て簡単で便利。
しかし、インテリアとしてイマイチ・・・。

プラスチック製の衣装ケースは、なぜダサいのか?
それはきっと『見た瞬間にプラスチックだ』とわかるから!!

この衣装ケースも正直、デザイン性は悪くないと思いますが、やはり見た瞬間にプラスチックだと分かります。

プラスチック製の衣装ケースは軽くて、便利ですが見た目はイマイチ。

衣装ケースはホコリもたまりやすい⁉

衣装ケースはホコリがたまりやすい

衣装ケースをDIYでリメイクしたきっかけは、ホコリがたまりやすいから。
衣装ケースの側面はマス状になっており、ずっと使っているとホコリがたまりやすいです。

衣装ケースは意外と凹凸しており、ホコリがたまりやすい場所が沢山あります。
ホコリがたまるとカビ繁殖の原因にもなるのでリメイクすることにしました。

リメイクDIYすれば、ホコリ対策にもなります!!

OSB合板で衣装ケースをリメイクDIY

衣装ケースをリメイクDIY

材料
OSB合板(2枚)
・1820×910×12mm
製作費
・約4000円
製作時間
・2~3時間程度
OSB合板はDIYでは定番の材料でデザイン性があり、インテリアとして使うのにおすすめ材料。
OSBとは短冊状の木片を接着剤くっつけて、プレスで圧着させた合板で独特のデザイン性があり、DIYではよく使われる材料の1つです。
今回、衣装ケースのリメイクに使う材料は2枚のOSB合板のみ。
ホームセンターで簡単に手に入ります!!

衣装ケースの寸法確認

まずは衣装ケースを寸法確認

まずは衣装ケースの寸法をしっかり測りましょう。
OSB合板で衣装ケースに被せる様に木枠のカバーをDIYしていきます。
上手に作るコツは『衣装ケースにピッタリ合う木枠にすること』
衣装ケースに被せた時、カバーが大きすぎると隙間があき不自然になります。
衣装ケースの寸法をしっかり測ってピッタリ合うように設計しましょう。
衣装ケースリメイクDIYのポイント
『衣装ケースにピッタリ合うように作る』

衣装ケースカバーの設計図

衣装ケースのカバー設計図

サイズ
・(内寸) 幅1085×高さ830×奥行427
・(外寸) 幅1109×高さ842×奥行439
衣装ケース用カバーを設計しました。
衣装ケースより、内寸(幅、高さ)を+5mmで設計しています。
引き出しには合板を貼り付ける予定なので、合板の厚さ分を考慮して設計しました。
そうすることで衣装ケース用カバーに綺麗に収まります。
衣装ケース用カバーの設計するポイント
1.『内寸(幅、高さ)を+5mmで設計する』
2.『奥行きは引き出しに貼り付ける合板を考慮する』

丸ノコでOSB合板をカット

OSB合板をカット

設計ができたら、いよいよDIY!!
OSB合板をホームセンターで買ったら設計した寸法通りに切っていきます。

道具は丸ノコを使いました。
合板は大きいので正確に切るにはコツが入ります。
丸ノコを持っていなかったり、切るのが心配ならホームセンターでカットしてもらいましょう。

合板は大きいので切るにはコツが入ります!!
上手く切るコツはこちらの記事を参考にどうぞ。
関連記事

どうも、たぽぽです。(@DIY1572034)日々、DIYをやりながらDIYに関する情報発信をしています。『無垢ボード』という材をご存じでしょうか?無垢ボードは木の魅力あふれる板材です。DIYで1度は使っ[…]

DIYにおすすめ無垢ボードと大きい木材のカット方法

 

スポンサーリンク



衣装ケース用カバーをDIY

衣装ケース用カバーをDIY

道具
・電動ドライバー
・下穴用ドリル
・木工用ボンド
・コーナークランプ
・ビス(40mm)

OSB合板を切り終わったら、衣装ケース用カバーをDIYしていきます。
組み立てる時は木工用ボンドとビスで固定していきます。

コーナークランプがあると固定ができるので便利。
DIYではすごく役に立つので揃えて置いて損はしません!!

コーナークランプは木箱や木枠DIYには絶対にあった方がいい道具です。

ビス止めは必ず下穴はあけてから!!

ビス止めは必ず、下穴をあける

ビス止めするときは必ず下穴をあけましょう。
厚さが12mmしかないので、下穴をあけないでビスを打つと木割れをします。
とくにOSB合板は木片が圧着されてる為、割れやすいです。

下穴をあける時はドリルで真っ直ぐあけましょう。
横方向に曲がるとドリルが貫通してしまいますので注意!!

衣装ケース用カバーをDIYする時は『下穴を必ずあける!!』

補強を入れておこう!!

補強を入れる

コの字に組み立てたら、グラつかないように補強を1枚入れました。
背面に150mm幅のOSB合板をビス止めすれば、衣装ケース用カバーの完成です。

必ずヤスリ掛け、面取りをしよう!!

OSBはヤスリ掛けが必須

OSB合板のデメリットはバリ(トゲ)が出やすいこと。
このまま使っていると手にバリが刺さる恐れがあるので、必ずヤスリ掛けと面取りをしておきましょう。

ヤスリ掛けには80番を使用。
電動サンダーを使うと効率よく楽にヤスリ掛けができます。
面取りもできちゃうので、おすすめのDIY道具です。

衣装ケースにカバーを被せてみるとこんな感じ。
隙間が5mm程なら衣装ケースに被せてやすく、隙間も目立ちません。
寸法にさえ注意すれば、簡単にDIYできちゃいます。

引き出しには両面テープで貼り付ける

両面テープでOSB合板を貼り付け

最後に衣装ケースの引き出しにOSB合板を貼り付ければ、リメイクDIYの完了です。
ビスではちょっと無理そうなので、両面テープで貼り付けました。
強力両面テープで貼り付ければ、しっかりつくので問題ありません。

ヤスリ掛けしたOSB合板を貼り付ければ、完成です。

劇的におしゃれな衣装ケースに

衣装ケースのリメイクDIY①

衣装ケースのリメイクDIY②

プラスチック製の衣装ケースにOSB合板を被せて引き出しに貼り付けるだけで、おしゃれな収納棚に早変わり。
実際に木材を使ってDIYしたので、まるでOSB合板で引き出し収納を作ったみたいな感じになりました。

そのまま衣装ケースを置くよりも断然おしゃれになります。
ホコリ対策にもなるので、そのまま置くよりおすすめです。

部屋の雰囲気に合わせて色を塗るのも良いかもしれません。
簡単にできるのでDIY初心者にもおすすめできるDIYです。

合わせて読むおすすめ記事

関連記事

どうも、たぽぽです。(@DIY1573024)DIY歴5年、日々DIYをしています。このブログではDIYレシピやDIYに役に立つ情報を発信しています。DIYには工具は必須アイテム。『そんなことは分かっている!!何から揃え[…]

DIYにおすすめの工具

 

スポンサーリンク



衣装ケースをリメイクDIY
最新情報をチェックしよう!