ワトコヴァラサン

【おすすめ】色塗り+仕上げを1回 ワトコヴァラサンワンステップ

どうも、たぽぽです。

作ることが大好きでDIYを本気で挑戦しています。
ブログを通してDIYレシピやDIY情報を紹介しています。

今回は屋内の家具、床、壁を塗るのにおすすめな塗料
『ワトコヴァラサン ワンステップ』
DIYで使うのにおすすめな塗料です。
水性で使いやすく、誰でも簡単に使うことができます。

 

『ワトコヴァラサン ワンステップ』は
着色とウレタン塗装が1回でできる塗料です。
DIYで使うのにとっても便利な塗料。
1度は試したくなる塗料です。
・ワトコヴァラサンの特徴
・使うのにおすすめの場所
・ワトコヴァラサンの使い方

 

【おすすめ】色塗り+仕上げを1回 ワトコヴァラサンワンステップ

ワトコヴァラサン
ワトコヴァラサン ワンステップは屋内の内装(床、壁)や家具(テーブル、棚)などに使う塗料です。
しっとりとした艶感と耐久性がある仕上がりになります。
1回 塗装すれば木材を保護してくれます。

『ワトコヴァラサン ワンステップ』の特徴は

ステイン+ポリウレタン
1回 塗装すれば、色付け+木材保護(コーティング)ができる。
水性塗料
水性なので使った刷毛は水で洗い片付けられる。
ほぼ無臭
まったくではないですが、においに気にせず使えるので屋内での作業でも問題ないです。
速乾性がある
乾きがはやいので隙間時間や週末DIYに使うのにおすすめです。

1回で塗り終われて、速乾性があるので隙間時間でDIYをやってる人や週末DIYをやってる人向けにおすすめな塗料です。
ポリウレタンの保護で艶感のある仕上がりで表面をツルツルにします。

デメリット

・ツヤがでる
半艶タイプなので光の加減でツヤが出てきます。
・木材の表面が固まる
ポリウレタンは表面を硬化させて保護するので、表面が硬くなります。

ウレタン塗装も1度でできるので表面が硬くなります。
場所を選んで使いましょう。

スポンサーリンク



 

ワトコヴァサラン ワンステップの向いている場所

塗るのに向いている場所は「内装」です。

・テーブルやカウンター、収納棚などの天板
・床のフローリング
・壁のウッドウォール

木材の表面を保護してくれるのでキズや汚れなどが付きにくくなります。

こういったところを塗装したい方におすすめです。

カラーは6色

ワトコヴァラサン ワンステップはカラーが6色あります。

ゴールデンオーク/プロヴァンシャル/アーリーアメリカン/ダークウォルナット/レッドマカボニー/カルベネ/

となっています。

 

カラー

 

ワトコヴァラサン ワンステップで塗装してみた。

・塗るのに使用した木材は『OSB材』
・ワトコヴァラサンの『アーリーアメリカン』で塗っていきます。

ワトコヴァサラン ワンステップの中身はこんな感じ

アーリーアメリカン

色見はミルクチョコレートみたいな色です。
においは開けた瞬間に若干しますがそんなに気にはなりません。
パッケージはかなり海外の商品ぽいです。

 

ソース

ワトコオイルと同様でこのまま薄めたりせず、使うことができます。
刷毛が容器に入るのでこのまま使ってみます。
刷毛に付けた感じ、けっこう粘度があります。

薄めず、そのまま使えるから
簡単で便利。

片付けも水洗いでOK!!

 

①塗装前にヤスリ掛け

まずはサンドペーパーで表面をヤスリ掛けしていきます。
(#320番を使用しています)

ヤスリが終わったら必ず、ウエスなどで拭いて削った木くずを落としましょう。

 

ヤスリは端材などに巻いて掛けるとやりやすくて、しっかり研磨できます。

スポンサーリンク



 

②ワトコヴァラサン ワンステップで塗装 (1回目)

塗り

ヤスリ掛けが終わったらワトコヴァラサン ワンステップで塗装していきます。
塗装した感じは伸びがあまりよくないです。

刷毛でソースを塗ってる感じです。

 

刷毛に塗料をつけすぎないようにして、こまめに塗料をつけながら塗っていくといいです。

 

1回目の塗装がおわりました。
臭いは、ほぼ無臭で屋内でも使用できます。

刷毛で何回も塗りなおすと気泡ができ、表面がザラザラになるので注意。

 

③ワトコヴァラサン ワンステップで塗装 (2回目)

乾燥後

乾燥した状態です。
30分くらいで完全に硬化しました。

塗料が乾くと木材表面に艶がでてきます。
表面がかたく、ツルツルになっています。

ここから2回目の塗装をしていきます。

 

ヤスリで表面を調整していきます。

多少、表面が凸凹しているのでヤスリ掛けをして表面を平らにしていきます。
1回目と同様に刷毛で塗っていきます。

 

 

2回目 塗り

2回目の塗り終えたら1~2時間乾燥させましょう。

2回 塗装すると色見が濃くなりました。
木材表面はしっかり硬化して硬いです。

 

電動サンダー

電動サンダーがあるとすごい便利です。

手でヤスリ掛けはすごく大変でムラにもなりやすいため、電動サンダーがあると下地処理も仕上げも便利です。

価格も安価なものも多く、手に入れやすいです。

 

おすすめ記事はこちら

関連記事

どうも、たぽぽです。自信のDIYやDIY情報を発信しています。DIYで重要なのは、やはり『工具』工具あってのDIY『電動サンダー』は自動で研磨できる最高の道具です。電動サンダーはめちゃくちゃ便利。DIYでは必[…]

サンダー

 

ウエス塗ると塗りやすい

ワトコヴァラサンはウエスで塗れる

ウエスを使うと塗りやすく、失敗せずに塗ることができます。
拭くように塗るのでムラにもなりずらく、いい感じで塗れます。

手が汚れてしまうので注意。

 

杉材を塗装

これは『おままごとキッチン』の天板を塗るのに使いました。
杉材を塗装しました。
木目が強調されて、古材感出てます。

ワトコヴァラサンは杉材を塗るのにおすすめです。

≫おままごとキッチンの作り方

 

ワトコヴァラサン ワンステップは他の色もいい感じ

杉

・ゴールデンオーク

アカシア集成材をゴールデンオークで塗装したものです。
表面がコーティングされてツルツルです。

アカシア集成材にぬるとメリハリのある色になります。
テーブルの天板などにするのにおすすめ。

 

フローリング

・ダークウォルナット

木材はパイン集成材です。

ダークウォルナットは重厚感のある
落ち着いた色。

ヴィンテージ風のものを作るのに
おすすめ。

フローリングなどにもいいですね。

ワトコオイルを使うならチューブタイプ

ワトコオイルを使うならワトコヴァラサンの水性ポリウレタンチューブというのもあります。

ワトコオイルで塗ったあと、チューブから絞り出して塗れば OK!!
こちらも簡単に仕上げられそうです。

ワトコヴァラサン チューブを使った記事はこちら

関連記事

どうも、たぽぽです。DIYレシピやDIY情報を発信してます。木材保護などを目的に仕上げで塗られるのがウレタン塗装ですがどれを使おうか中々、悩みどころ。そこでおすすめしたいのが『ワトコヴァラサン』ワトコヴァラサ[…]

ワトコヴァラサン

 

ワトコヴァサラン ワンステップで塗装してみて(まとめ)

・塗った感じはソースを塗ってるみたいです。
・乾くのが速く、しっかり硬化してました。
・硬くなるので強度もありそうです。
・乾燥したらヤスリ掛けで仕上げるとツルツルになります。

 

1回で仕上げまで出来るので、失敗しづらい。
片付けは水洗いでOK!!
簡単で仕上がりもいい塗料ですね。

 

スポンサーリンク



 

ワトコヴァラサン
最新情報をチェックしよう!