ポンチ

【DIY】ダボ継ぎのやり方。好きな天板や棚板が作れる。

どうも、たぽぽです。
日々、DIYに奮闘しています。
このブログではDIYの情報や自身のDIYを発信しています。

『ダボ継ぎ』はDIYでよく使われるつなぎ方。

ホームセンターで売っている集成材の天板や
棚板は値段が高い。
ダボ継ぎで1枚板を作れば、好きなサイズで安く作る
ことができます。

ダボ継ぎは棚などを作るときに
よく使われます。
『マーキングポンチ』を使うと
うまくダボ継ぎができます。
一枚板にして棚板やテーブルの天板を
作ることが可能。
・ダボ継ぎのやり方を知りたい
・マーキングポンチの使い方を知りたい
・棚板や天板を作りたい

 

ダボ継ぎにはマーキングポンチが便利!!

ダボ継ぎ用の道具の1つ『ダボマーキングポンチ』

ダボ継ぎには便利な道具です。
マーキングポンチは木材に印をつけられる道具。
木材を正確につなぎ合わせることが可能です。

 

DIYでダボ継ぎするにはマーキングポンチが便利

穴あけ

ダボ継ぎは木ダボを材料となる木材に埋め込んで
木材同士をくっつける方法です。
やり方自体は難しくありません。
しかし、やっかいなのが『穴あけ』です。

木ダボを木材に埋め込むために、穴あけをします。
この『穴あけ』がやっかいなのです。

 

マーキングポンチで同じ所に『穴あけ』

ポンチ

同じところに『穴あけ』するためにマーキングポンチ
という道具があります。

これをあけたダボ穴に入れて、もう片方の木材に印を
付ければ、同じ場所に穴あけができるという道具です。

スポンサーリンク



 

【DIY】ダボ継ぎで天板や棚板を作るやり方

ダボ継ぎでのつなぎ方

ダボ継ぎの手順
① 印をつけて穴をあける
② マーキングポンチで相手材に印をつける
③ 穴をあけて、ダボ継ぎ

2枚の板材をダボ継ぎで繋いでいきます。
使いたい幅の天板や棚板がない場合はダボ継ぎで繋いで1枚の板材を作りましょう。

ダボ継ぎする面は少しカットしておくと継ぎ目がきれいになります。

 

① 印をつけて穴をあける

ダボ穴の印をつける

まずは板材の側面にダボ穴をあけていきます。
中心に印をつけましょう。
ダボ木は板材の長さに合わせて、
等間隔で入れていきます。

板材の厚さは24mmなので12mmの所に印をつけました。
今回はダボ木を4本入れていきます。

 

ドリルでダボ穴をあける

印をつけた所にドリルでダボ穴をあけていきます。
使うダボ木のサイズと同じドリル径を使って
穴をあけましょう。

6mmのダボ木を使うので、6mmドリルで
穴をあけます。

ダボ穴が曲がると繋いだ時にズレるので
注意しましょう。

穴あけにはドリルガイドがあると便利。


ダボ木を入れて確認

ダボ穴はダボ木が半分入るほどの深さまで
彫り込みましょう。

ダボ穴が浅いと繋いだ時に隙間があいてしまうので注意。

 

ドリルにしるし

ドリルにマスキングなどを巻いておくと
わかりやすいです。

 

② マーキングポンチで相手材に印をつける

マーキングポンチをセット

ここで『マーキングポンチ』の出番
穴にマーキングポンチをセットします。

マーキングポンチにはサイズがあるので穴と同じサイズのものを使いましょう。

しっかり揃えて印をつける

マーキングポンチでダボ継ぎ

POINT
・当て木をして板材を揃える

マーキングポンチをセットしたら相手材に印をつけて
いきます。
板材がズレないように当て木をして、板材を揃えて印をつけましょう。

 

マーキングポンチの印のつけ方

印をつける時はマーキングポンチが傾いてたり、
ズレていたりしないように注意しましょう。

印がついたら、先ほどと同様にダボ穴をあけましょう。

 

④ ダボ継ぎ

ダボ継ぎで接着

マーキングポンチで印をつけた所をドリルで穴を
あけたら、ダボ木を入れて接着していきます。

木工用ボンドをダボ穴にいれて、側面に塗ります。

 

ダボ継ぎ

ダボ木が入りずらい時は上から軽く叩きましょう。
はみ出た接着剤は拭きとっておきましょう。

 

ダボ継ぎはクランプで接着

接着はクランプで挟んで固定しましょう。
接着剤が固まれば、完成です。

スポンサーリンク



ダボ継ぎがズレる原因

ズレる原因

ズレる原因
・ダボ穴が曲がっている
・板材がズレた状態でマーキングポンチで印をつけている。
・マーキングポンチが傾いている
・板材が反っている
この4つは最も考えられる原因なので注意が必要です。
マーキングポンチは安くて簡単に使える便利道具ですが、簡単にズレてしまうのがデメリット。
使い方には注意しましょう。
・ダボ穴が曲がっている
⇒ドリルガイドを使う。
・板材がズレた状態でマーキングポンチで印をつけている。
⇒当て木をして、板材を揃える。
・マーキングポンチが傾いている
⇒板材を上向きにする。
・板材が反っている
⇒反っていない木を使う。
⇒削って調整する。

 

まとめ

今回作った収納棚です。

≫製作費3500円 収納棚の作り方はこちら

1枚板が作れれば、もっとコスパよくDIYができます。
好きなサイズの天板や棚板を作って、部屋に合う家具を作ってみましょう。

ダボ継ぎはとても便利なやり方ですが、ズレやすいのがデメリットです。
マーキングポンチを正しく使えば、正確にダボ継ぎすることができます。

まずはマーキングポンチを使って、ダボ継ぎに挑戦してみましょう!!
DIYがもっと楽しくなります。

 

 

ポンチ
最新情報をチェックしよう!